AMHが低いと、卵の数が少ない

2016年02月21日

AMHとは

原始卵胞が少なくなってくると、AMHの値が低くなります。

つまり、AMH値が高い場合…これから育つ卵が、卵巣内にまだまだたくさんある状態で、値が低いと…卵が少なくなってきている状態となります。

AMH検査は、一般に「卵巣年齢」を測ると言われています。

検査の結果が良くなかったとしても、数少ない残りの卵子の中に、生命力がある質のいい卵がある事と、その卵を育てる力が卵巣にある事が何より大切です。

生命力のある受精卵が1つあれば、赤ちゃんを授かる可能性があります。

なので、たとえAMH値が悪かったとしても諦めないで下さい。

卵巣の血流を良くし、卵をちゃんと育てられるように、少しでも元気に保つことを心がけましょう。

AMHが低いと、卵の数が少ない

AMHとは、抗ミューラー管ホルモンと呼ばれる、女性ホルモンの一種です。

AMHを測ると、『卵巣の中に卵子があとどのくらい残っているか』を調べることができます。

今後の治療方針を決める上で、重要な指標となるホルモン検査で、最近測っている病院が増えてきています。

数値が高いと、良い卵子に出会える率が上がります。 なので、妊娠には有利です。

しかし、AMHの数値=卵の質ではありません。

数値が低いからといって、卵の質まで悪いということではないのです!!

数値が0でも、妊娠・出産した例はあります

数は少なくても、「卵の質」が良ければ、可能性はあります。

AMHだけにこだわり過ぎるのは、良くないです。

卵の質は、年齢との関連が強いと言われていて、一般的には、年齢が上るにつれて卵の質が落ちていきます。

はり灸では、この妊娠にとって重要な「卵の質」を、良い状態になるように施術をしています。

*卵は、薬を飲んだからといって、質が良くなるわけではありません。

妊活には、はり灸がおすすめ

当院に来られている患者様は、妊活中の方が多いのですが、別の症状で通院されていた方が、妊娠するケースも、頻繁にあります。

妊活が目的で通っていたのでは無かったのですが、はり灸で体のコンディションを整えていたのが、結果的にとても良かったのだと思います。

身体の歪みやバランスを整えて、赤ちゃんを授かりやすい母体を作りましょう。

妊活と冷え性

不妊症の患者さんに共通するのが、「冷え性」です。

冷えの原因の一つに、運動不足による筋力不足があげられます。

日常的に運動する時間がなかったり、仕事の疲れで、動くのがおっくうというケースが多いようです。

また、甘い物(ケーキやジュースなど)も、多く摂れば、体を冷やしてしまいます。食べ過ぎには気を付けましょう。

冷え性対策で、最も大切なのは、体質改善です。

バランスのいい食事、規則正しい生活、適度な運動。当たり前の事ですが、なかなか出来ていないのではないでしょうか?

一度に完璧にこなそうとすると、ストレスになりますから、少しずつ改善していきましょう。

>ホームページはこちら

豊中市 箕面市  池田市 で 妊活なら 当院にお任せを!