流産の確率についての解説

2021年10月30日

流産について

実際かなり確率が高い

皆さん、「流産」を、どこか他人事のようにとらえていませんか?

流産は、日常的にかなりの頻度で遭遇しています

流産の確率は、全体の妊娠の15%と言われており、おおよそ7人に1人が流産を経験するのです。

流産率は、

  • 25~34歳では約10%
  • 35~39歳では約20%
  • 40歳以上では約40%

言われております。

年齢とともに、確率はドンドン高くなっていきます。

2007年、厚生省の調べでは、妊娠した事がある女性41%に流産の経験があり、そのうち染色体の異常によるものが60%で、加齢とともに増加しています。

また、流産した女性の42%に、抑うつ傾向が見られたというデータがあります。

一人で悩まないで

妊活中は、長い病院通い、高額な医療費、様々なストレスが重くのしかかってきます。

周囲の言葉に傷ついたり、心も身体もヘトヘトに疲れてしまうのです。

心と身体が疲労していると、次の妊娠に前向きになれなくなってしまいます。

できるだけ一人では悩まず、ご主人やご両親、信頼できるお友達に相談したり、自分の気持ちを打ち明けてみるといいかもしれません。

少しずつでも前向きな感情が出てきて、気持ちに変化が出てきたりします。

元気になるお手伝いをさせて頂きます

ようやくお腹に小さな命が宿ったのにも関わらず、大切な命を失う「喪失感」は、とても悲しい事です。

深い悲しみは、そう簡単に癒えるものではありません。

なかなか人には言えない悩みでも、当院で、そのような気持ちを打ち明けて下さい。

心に仕舞わず、どんどん言葉に出していきましょう。元気になるお手伝いをさせて頂きます。

流産予防

はり灸の効果

  1. 腹部の血流が良くなり、生殖能力がアップ
  2. ホルモンバランスが整い、生理周期の安定、卵子の質の上昇
  3. 自律神経バランスが整う
  4. お腹の深部の冷えを解消し、子宮内膜を肥厚させて、着床を促す

はり灸をすると、お腹が温まり、骨盤内の臓器も温まってきます。すると、骨盤内の「生殖機能」の働きが改善されてきます。

血流とホルモンの関係

また、ホルモンは、血液に放出されて運ばれていきます。

しかし、血流が悪いと、大事なホルモンが血中に残ってしまい、うまく機能を果たさない状況になってしまいます。

例えば、「FSHが足りないから」といって注射しても、上手く卵巣に届いていないために、卵子の質が一向に良くならない、という事がよくあります。

元々、ホルモンというのは、それぞれの器官が正しい仕事をするように、脳から伝えられるための物質です。

なので、注射して血液の中に増やしても意味がないばかりか、逆に仕事をしなくなってしまうこともあります。

つまり、良い卵を育てるために注射したら逆効果だった、という事も起こりえます。

骨盤内部の冷え

水分というのは、「温めにくくて冷えやすい」という性質があります。人間の体は、70%以上が「水分」です。

お腹の水分の循環が悪いと、骨盤内の深部温度が不安定になり、冷えを起こしやすくします。

お腹をさわって、冷たいと感じる方は、要注意です。

冷えは、不妊症の大きな原因になるのですが、それは、骨盤内の「深部の冷え」が原因しているのです。

はり灸で、手足の冷えだけでなく、骨盤内部の深部の冷えも改善していきましょう。

>不育症&流産ページ