高齢妊娠&出産のリスク軽減を

2015年12月12日

高齢妊娠&出産

やはり妊娠も出産も、若ければ若いほど、楽に安全に進める事ができます。

しかし、熟年結婚や高齢妊娠などが多くなり、年齢が問題になる事が非常に増えました。

一概に年齢を重ねると、懐妊は不可能なのかと言われるとそうでもないです。

女性は年を重ねても、妊娠するために必要な機能さえ働いていれば、理論上は可能です。

しかし、現代医学で高齢の方の妊娠はかなり容易になってきたとはいえ、大きい問題があることも確かです。

問題点

女性は、年齢が重なるごとにダウン症などの子供を出産する確率が高くなります。

どうしても避けられないのが加齢による「卵子の劣化」です。

つまり、健康的で元気な卵子を作れず、例え妊娠に成功したとしても、劣化した卵子から産まれる子供は、何らかのトラブルを抱える可能性が高いです。

この卵子の劣化は、母体の健康状態に反映されるものです。

なので、問題としては、卵子の劣化原因である女性の「健康や体力面」をどうするかという事です。

アンチエイジング

人間が本来持っている自然治癒力を最大限まで引き出し、健康で若く活発な機能を取り戻すように施術をしていきます。

なので、はり灸をすることはアンチエイジングになります。5~10歳ほど若返らせることも不可能ではありません。

そのため、年齢を重ねる事で起こる不妊症に対しても、高齢妊娠・出産によるリスクに対しても、はり灸は力を発揮できる医術であると確信しております。

はり灸を受けたことで、高齢でも無事に元気な赤ちゃんを出産したという例が、世界中に報告されています。

様々な治療法がある

病院の治療をはじめ、整体、カイロプラクテッィク、マッサージなど…妊活には、様々な方法があります。

実は、はり灸でも妊活ができることをご存知でしょうか?

どうしても「はり灸」と言えば、肩こりや腰痛などのイメージが強いかと思います。

しかし、元々、崩れている体のバランスを整えたり、自然治癒力を高める事が得意なので、子宝にも自ずと高い効果が期待できます。

不妊体質の改善を

不妊症には、原因が明確な「器質性不妊」と、検査をしても、特に異常が発見できない「機能性不妊」があります。

原因が明確な「器質性不妊」の場合は、薬や手術など目的に合った治療が必要です。

しかし、原因が明確でない「機能性不妊」は、西洋医学的な治療では、うまくいかない場合もしばしばあります。

そのような場合には、体質改善をしていく「東洋医学」が得意です!

筋肉の硬さ、血流が悪い状態では、栄養や酸素が十分に運ばれずに、内臓の働きやホルモンバランスにも影響します。

血流が悪いと、骨盤内も冷えてしまい、当然、子宮や卵巣の働きも低下してしまいます。

本来備わっている自然治癒力を高め、妊娠しやすい身体へと変化させていきましょう。

高齢妊娠&出産でも評判!

冷え性、生理不順、卵の質、着床の問題、流産しやすい体質など…、様々な問題が不妊症にはあります。

これらは、体質に問題があると考えられます。

良質な卵を育て、着床しやすいように子宮内の環境を正常に整える事ができれば、女性本来の元気な身体を取り戻すことができます。

さらに、はり灸では、ストレス、自律神経の乱れ、ホルモンバランスの異常も効果がみられますし、冷え性などの循環不全も整えられます。

崩れてしまったバランスを、取り戻しましょう。

自然治癒力をアップさせる「はり灸」では、患者様の体質によってオーダーメイドで、お一人お一人施術していく事が可能です。

卵巣機能の回復、免疫機能強化、内分泌や自立神経の調整などのお手伝いをさせて頂きます。

豊中市 池田市 で 高齢妊娠&出産なら ぽん鍼灸院にお任せを!