顎関節症を治す方法

2015年11月21日

顎関節症とは?

920784

主な症状

「あごが痛い」「音が鳴る」「口が開けづらい」など、顎関節に何らかの異常がある状態です。

また、顎関節の歪みやズレは、全身にも影響がでる事もあります。顎関節症は、アゴやアゴの動きに異常が生じるだけでなく、頭痛や肩こりなどの症状が現れる事も多いです。

個人差はありますが、首・背中・腰などの痛み、耳の痛み、耳鳴りなど、全身にも影響が出る方もいます。

自己チェックしてみましょう

いくつか該当する人は、顎関節症の可能性ありです。

  •  食べ物を噛んだり、長い間しゃべったりすると、あごがだるく疲れる
  • アゴを動かすと痛みがあり、口を開閉すると、特に痛みを感じる
  • 耳の前やこめかみ、頬に痛みを感じる
  • 大きなあくびや、りんごの丸かじりができない
  • ときどき、あごがひっかかったようになり、動かなくなる場合がある
  • 人さし指、中指、くすり指の三本を縦にそろえて、口に入れられない
  • 口を開閉したとき、耳の前の辺りで音がする
  • 最近、顎や頸部、頭などを打撲した
  • 最近、かみ合わせが変わったと感じる
  • 頭痛や肩こりがよくする

普段の生活習慣をチエックしてみましょう

顎関節症の発症に関わる生活習慣です。該当する数が多いほどなりやすいでしょう。

  • 「歯ぎしりをしている」と、言われる
  • 起床時、日中、気がつくと歯を、くいしばっている
  • 食事のときは、いつも左右のどちらか決まった側でかむ
  • 物事に対して神経質な面がある
  • 職場や家庭で、ストレスを感じる
  • 夜、寝付きが悪い、ぐっすり眠れない、途中で目が覚める

顎関節症の原因

  1. 歯ぎしり・食いしばり筋肉を緊張させて、顎関節に過度の負担をかけてしまいます。関節にダメージを与える最も大きな原因と言われてます。就寝中など、無意識に行っている場合もある。
  2. ストレス。(仕事や家庭、人間関係などのストレスは、筋肉を緊張させて、くいしばりや夜間の歯ぎしりを起しやすくします。)
  3. 左右どちらか、一方でばかり噛む癖。(片側だけに多くの負担をかけると、顎関節症の発症の原因になります。)
  4. 生活習慣やクセうつ伏せ寝、頬杖をつく癖、あごの下に電話をはさむ、猫背の姿勢など、あごに負担をかける生活習慣や、いつも無意識に行っている癖に気づく事が大切です。そして、改善していくことが、発症を防ぎます。

発症や経過には、生活習慣が深く関わっています。ご本人に気づいてもらい、それを取り除く努力をしてもらわなければ、症状は改善しません。

顎関節症の予防、お家でできること

  • 食いしばりをしないようにする。
  • 固いものを食べない。
  • 口を大きく開けない。
  • 急性期には冷やす。
  • 同じ姿勢や悪い姿勢をしない。(うつぶせ×)
  • 痛みが取れてきたら、顎の運動。(首肩のストレッチ)
  • 軽くこめかみをマッサージ。

どれぐらいの期間で治るの?

西洋医学では、顎関節症の重症度により異なりますが、初期治療による症状の消失と機能の回復は、おおよそ1~3か月程度と言われています。

それでも改善しない場合、専門医のいる医療機関を受診しましょう。

放っておくとどのようになるのでしょう?

一時的なあごや筋肉の痛みであれば、自然寛解する場合がほとんどです。

しかし、顎関節症にはいろいろな病態が含まれていることや、鑑別が必要な他の疾患が存在する場合もありますから、放っておかずに、歯科医院の受診をお勧めします。

顎関節症の再発リスク

顎関節症は、治療によって症状を改善できますが、一度改善しても、再発するケースが多いと言われています。

東洋医学による根本治療により、体質改善することで、そのリスクを軽減していきましょう。また、よく噛んで予防するのもおすすめです。

よく噛むメリットとは?

①胃腸の負担が軽減し、栄養が無駄なく吸収される。(よく噛むと、耳下腺、舌下腺、顎下線から消化酵素がたくさん出て、未消化物がなくなり、 ミネラルやビタミンもしっかり吸収される。)

②唾液により強力な殺菌効果(唾液の酵素が発ガン物質を解毒してくれる)

③痴呆予防(脳への血流量が増え、刺激されることにより、知能も上がる。精神の安定も期待できる)

④よい歯を作る

⑤視力回復(よく噛むと目の周りの筋肉が刺激され、老化防止になる)

⑥肥満防止(もう食べたくないという命令が脳から伝わり、暴飲暴食を予防)

⑦姿勢がよくなり、小顔効果(噛むための筋肉は顎だけでなく、首胸背中など12種類の筋肉を使っているため、よく噛むとそれらの筋肉もよく動き、姿勢が整ってくる)

1口、30回~50回、モグモグのクセをつけましょう。健康・美容・長生きの秘訣の一つです。普段から顎を鍛えて、顎関節症の予防をしましょう。

豊中市で顎関節症なら 当院にお任せを!