子宮内膜症(チョコレート嚢腫)の施術法とは?

2015年11月22日

子宮内膜症のための鍼灸

子宮内膜症とは?

939389

子宮の内側をおおっている膜を、子宮内膜と言います。

この子宮内膜の組織が、何らかの原因で、他の場所にも出来てしまう病気です。

卵巣や卵管、腸など、様々な場所に発生します。その中でも、卵巣にできたものが「チョコレート嚢腫」と呼ばれています。

チョコレート嚢腫の名前の由来・・?

卵巣にできた内膜は、子宮内膜と同じく、女性ホルモンの影響を受けながら、生理周期に合わせて「増殖や出血」を繰り返します。

これが、出口のない卵巣の中で繰り返されると、古い血液がたまって腫れてしまい、チョコレート色のどろどろした嚢腫に似ているから、チョコレート嚢腫という名前がついています。

症状

初期のころは、無症状が多いのですが、病状が進むに連れて、他の子宮内膜症と同じように、寝込んでしまうほど生理痛がひどくなる事もあります。

た、腫れた卵巣が、他の臓器を圧迫して癒着(ゆちゃく)が起こると、腹痛下腹部痛、排便痛、性交痛を感じることもあります。

若いうちに妊娠や出産を、何度かした人と比較すると、しない人の方が、発症率が高くなっています。

晩婚化、少子化、初潮年齢が、早くなったことで、患者の若年化が進んでいます。

また、卵管が詰まってしまい、受精がうまくいかずに妊娠しにくくなったり、不妊症の原因になる場合もあります。

様々な治療法

ホルモンのバランスが大きく影響する

子宮内膜症、チョコレート嚢腫は、ホルモンのバランスが大きく影響しているようです。

妊娠を希望しない場合:

ホルモン剤を使って生理のない状態にし、不快な症状を抑えます。

ただし、更年期障害などの副作用があるので、薬の使用は4ヶ月~半年を1クールにして、必ず休止期間を設けます。

薬を止めると再発する可能性も。

妊娠を希望する場合:

鎮痛剤で痛みをコントロールしながら、様子を見ます。

手術:

できるだけ悪い部分のみを摘出する方法が選ばれます。

妊娠の希望などを、医師にしっかり伝えて、納得した上で決断することが、とても大切です!

症状が軽くなったり、授かりやすくなるなどのメリットはありますが、内膜症の組織が少しでも残ると再発する可能性もあります。

骨盤の歪みが影響する

女性の骨盤内には、子宮卵巣があるので、男性と比べて内部の構造がやや複雑です。

そして、赤ちゃんが出来るようになる為に、構造上、大きく広がっている必要があります。

骨盤が歪んでしまうと、その中にある臓器が影響を受けやすくなります。

ですから、女性にとって骨盤内の血行を良くすることは、非常に大切です。

冷え性のみならず、子宮内膜症、チョコレート嚢腫の予防につながります。

子宮・卵巣の機能低下は、授かりにくさや、早産・流産を引き起こす原因になる場合もあります

この他、骨盤のゆがみは、マタニティーの腰の痛み、出産時の産道の広がりにくさ、胎盤形成、胎児の発育に影響を及ぼします

その為に、妊娠前から健康管理を、十分に行うことが大切です。

生理痛

子宮は、靭帯によって骨盤内に付着しています。

生理時に子宮が収縮するとき、骨盤が歪んでいると余計に負担がかかり、腹痛、腰痛、仙骨痛、頭痛などの痛みを引き起こします。

また、生理時にスムーズに出血できず、子宮内膜が腹腔内に逆流すると、内膜症やチョコレート嚢腫を起します。

豊中市 でお悩みなら 当院にお任せを!