不妊はり灸&整体

2016年04月26日

妊活のはり灸&整体の特徴

妊活をしている殆どの人は、【冷え】や【ストレス】に悩まされています。

元気な赤ちゃんを授かる為に、まずはお母さんの身体作りが大切です。

当院では、温灸や整体で冷えを取っていき、全身の血流を良くして、子宮・卵巣の環境を整えていきます。

ストレスで困っているケースには、精神安定のツボや、頭蓋骨矯正などを行うことによって、ストレスを緩和していきます。

体に元々備わっている自然な力を使って、妊娠へ導いていきます。

薬のように副作用がある訳ではありませんので、健康な人も、何かしらの疾患を抱えている人も、安心して受けて頂くことが出来ます。

はり灸・整体

メリット

  • 自然の力を使うので、副作用はない。
  • 内臓に疾患を抱えている方も、受けられる。
  • 体の循環を良くしていくので、冷えや肩こり・腰痛なども一緒に改善していく。
  • 全身バランスを見ながら施術するので、妊活によるストレスも改善が見込める。
  • 病院と併用も可能。
  • 薬は使わないので、現在薬を飲んでいても並行して受けられる。
  • 妊娠後・出産後の施術もできる(産後腰痛、腱鞘炎、体力回復など)

デメリット

  • 施術者の経験(技術)の差が現れる。(薬のように一定ではない)
  • 保険適応でない。

病院での不妊治療

メリット

  • 「タイミング療法」や「ホルモン療法」などは、保険適応があります。
  • 体調に気をつけるようになるので、自分の健康に対しての意識が高くなる。
  • 自分の身体の異常(婦人科)に気づくことが出来る。

デメリット

  • 「体外受精」「顕微鏡受精」は、費用が高額。(自由診療の為、病院により金額は変わる。一回あたりの金額が20~40万程。顕微鏡受精になると30~50万程)
  • 期間が長期に渡れば、費用が膨れ上がる(1000万という話もある様です)
  • 排卵誘発剤やホルモン剤を使う場合などは、薬による副作用が現れる場合も。
  • 妊活をしている事で、ストレスがかかってくる。
  • 排卵誘発剤では、頚管粘液の減少、双子などの多胎妊娠、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)などが起こる可能性がある。
  • ホルモン剤では、頭痛や胃腸障害、稀に肝機能障害など、様々な副作用が出る事がある。

はり灸&整体ならお任せを!

元気な赤ちゃんを授かるためには、母体となるお母さんの体の状態、お父さんの体の状態が良いことが大切です。

また、妊娠・出産を元気に迎えるには、お母さんの体が元気で、エネルギーに満ちている体力が必要です。

妊活中に元気でパワフルな身体を作りたいと思うならば、ぜひ当院へ!

小さな命を授かるお手伝いをさせて下さい。豊中市 池田市でお困りなら当院へ