四十肩・五十肩の治し方

2015年12月2日

四十肩・五十肩とは?

四十肩・五十肩とは

これは、病名ではなく、正式には、関節周囲炎と言います。

関節痛の一種で、年齢と共に、肩がスムーズに動かなくなります。

40~60歳代の方に起こりやすい病気なので、そういう名前が付けられました。

40代で症状が出れば、四十肩、50代で症状が出れば、五十肩と呼ばれております。

それぞれ同じような病態です。

加齢によるものが多く、特徴としては、腕を真上に挙げたり、水平に保つのが難しくなります。

肩こりは、筋の緊張などから起こりますので、明らかに「四十肩・五十肩」とは違います。

四十肩・五十肩になると

  • 高いところに、手を挙げると痛む(洗濯物が、干しづらいなど)
  • 腕を、後ろに回せない(背中に手が届かない、エプロンの紐が結べない)
  • 髪の毛がとけない、シャンプーが出来ない
  • 服の着替えが出来ない
  • 肩を下にして、横向きで寝れない

いつもの簡単な動作が難しくなり、日常生活の動作に支障をきたすので、不便さを感じます。

発症に、男女差はありません。利き腕にも関係なく、左右どちらにも起こります。

片方が治った後に、もう片方が痛くなるケースはあるのですが、左右両方が同時に痛くなるケースはあまり無いようです。

原因

原因は

原因は、はっきりしないケースが多いです。

肩のまわりの筋肉、腱、靭帯、滑液包が「老化」によって、筋肉や腱の柔軟性が失われ、スムーズに動かなくなることが原因と言われています。

肩は、年齢と共に、周囲の組織が老化し、本来滑らかに動くはずの部分に摩擦が生じて、炎症を起こす事で「四十肩・五十肩」になります。

最も炎症を起こしやすい部分が、肩の関節を取り巻いている腱板※(インナーマッスル)という所です。

※腱板とは…四つの小さな筋の束が集まって、丈夫な腱の集合体になったものです。

腱板に老化が生じると、その周りの滑液包や関節包にも負担がかかり、炎症が起きやすくなります。

そして、五十肩は、一旦、炎症が出ると、動かすたびに痛みが生じるため、無意識にあまり動かさないようにしています。

ところが、長い間、肩を使わないでいると、周囲の組織が癒着して、今度は動かそうとしても、動かせなくなってしまいます。

そうならない為にも、早めの治療が大切です。

肩こりとは、どのように違うのか?

肩こりは、「筋肉の疲労」の状態、

四十肩・五十肩は、「炎症」の状態です。

肩こりは、筋の緊張や血行不良が原因です。

悪い姿勢や、運動不足、ストレスにより、筋肉が疲労して疼痛やコリを引き起こします。

一方、四十肩・五十肩は、老化が原因して、肩まわりに炎症が起こり、疼痛が生じています。

その為、若い方より、中年以降に発症する事が多いです。

肩こりとは、原因が異なるため、対処の仕方も違います

誤った判断で、間違った対処をして悪化させないように、ご注意ください。

正しい診断を受け、適切な処置がとても大切です。

「急性期」「慢性期」「回復期」がある

急性期(疼痛が強い)

  • ズキズキと、うずくような痛みがあり、肩を動かそうとすると痛む
  • 朝晩に症状が強くなってくる
  • 夜間時・安静時痛(動いても痛い、何もしなくても痛い)
  • 疼痛で、寝つけなかったり、目が覚めてしまう。

慢性期(痛みは落ち着いているが、思うように肩が動かせない)

  • 夜間時・安静時痛は、軽くなってくる
  • 過度に動かしたときに、強いつっぱり感がある
  • 急性期の痛みの影響で、肩を動かさない状態が長く続くことで、関節が硬くなり、動かせる範囲が狭くなってしまう

回復期(痛みが改善する)

  • 徐々に症状が軽減され、動かせる範囲も広くなってくる
  • 動かしても、痛まなくなってくる

このように、ほとんどのケースで、時間の経過と共に、症状が改善していきます。

回復期(痛みが改善する)

運動療法

「ストレッチ」や「振り子運動」などが有名です。

肩まわりの筋の緊張を緩め、疼痛の緩和、関節の可動域を広げる事を目的として行います。

このような「運動療法」をメインにしたリハビリが一般的です。

左右どちらか一方に発症する事が多いので、痛くない側の予防としても、運動療法は有効です。

温熱療法

患部の血行を促進させ、痛みの緩和を目指していきます。

病院では、機械を使った治療(ホットパック、マイクロ波など)があります。

自宅では、入浴や温湿布などを使って、温める方法もあります。

外出の際には、冷房などで、肩を冷やさないように、ストールなどで保温することも大切です。

アイシング

疼痛が激しく、熱を持っている急性期の場合には、炎症を抑えるために、アイシングが有効です。

ただ、長い時間冷やし続けてしまうと、筋肉が硬くなるので、ご注意ください。

症状が軽くなったら、温熱療法に切り替え、血行を良くしていきます。

夜間痛の対策と寝方

夜間痛の対策と寝方四十肩・五十肩の場合、夜中に疼痛が出る「夜間痛」が起きることがあります。

それによって、寝不足になったり、不安になり、精神的も肉体的にも、つらい状況になったりします

夜中は、特に動かしているわけでもないのに、肩の痛みが出る場合があります。

それは、重力によって、肩の位置が押し下げられ、関節に負担がかかります。

特に、痛めていない人であれば全く問題ないのですが、五十肩、四十肩の人にとっては、収縮した筋が無理に引き伸ばされたり、ゆがんだ力がかかる事で強い疼痛が出ます。

睡眠時の対策としては、肩が押し下げられないように、寝具の角度や、体勢を調整してみましょう。

① 高さの調整をしよう

バスタオルや枕を使い、肩の高さを調整します。

仰向きで寝る場合には、肩の後ろから肘にかけてタオルを入れ、腕の重みを支えて安定させましょう。

① 高さの調整をしよう

横向きで寝ると、楽になることが多いため、負担が軽減されます。

横向きになったときに、肩の位置が安定するように抱き枕や、丸めた布団などを利用すると良いでしょう。

③ 枕の位置は、低過ぎず、高過ぎず

枕が高過ぎると、首の筋肉が引き伸ばされ、痛みが出やすくなります。

逆に、低過ぎると、首や肩周りの緊張が高くなるので、負担がかかります。

スムーズな回復の為にも、睡眠は非常に重要です。

ちょっとした工夫で、かかる負担を減らすことが出来ます。

いろいろ工夫をして、自分にあった寝具の調整をしてみましょう。

四十肩・五十肩の症例

豊中市 46歳 女性 パソコン仕事 H.S様

3か月前から左肩を挙げると、疼痛が出る、髪の毛を洗えない、腰に手が行かない。夜間痛がある。

病院で四十肩と診断される。

以前は、毎週のようにマッ サージに通い、その場しのぎをしていたが、今回は痛みがひどく日常生活に困り、当院に来院。

今回は、体質も改善し、元気になりたいとの事。

施術2ヶ月で、夜間痛が消失。施術5カ月で可動域が広がる

とっさに動いた時の激痛が無くなり、喜んでいる。仕事にも不安なく、働けている。

今後、さらに可動域と健康維持の為に、通院継続中。豊中市でお悩みなら 当院にお任せを!

豊中市/男性/37歳/K.H様

彼に出会うまで頭痛に悩まされていました。。でも彼の神の手が頭痛から解放してくれた!

人とのつながり。。出会いはスゲー。優しさの中にも男気のある、ぽんさんは素敵っす(^o^)/

豊中市/美容鍼灸&肩こり/女性/A.U様

口コミ27

先生の健康新聞おもしろ過ぎます。施術はとても丁寧で安心できます。

家でできる改善策も教えてくれるし、続けることでかなり楽になりそうな気がしています。

男性/29歳/M様

ぽん鍼灸院の院長さんです!以前、眠気を飛ばすつぼを押してもらったことあるのですが…、本間に眠気飛びました(^0^)

笑顔がめちゃ素敵な先生です☆これからもよろしくです!また眠気とばしてくださぁい。

豊中市/K.J様/男性/35歳/風水・建築士

ポンさんは、見かけは普通のお兄さんかと思いきや、いざ本職の鍼灸師さんとなると、 全く別人のようになってしまう。

”ホンモノ”の仕事師です!!”カリスマ鍼灸師”という名が 相応しい尊敬すべき先生でもあります 。

みなさんも一度はポン先生に 診てもらった方がいいですよ~(*^_^*)本当にすごいんですから~!!