産後うつ&マタニティーブルーの違い

2015年12月1日

産後うつ&マタニティーブルーについて

513702

マタニティーブルーと産後うつは、どちらも、出産後に生じる「抑うつ症状」です。

共通点が多いのですが、今回は、それぞれの違いについてご紹介します。

一番の違い

産後うつは、治療が必要な病気ですが、マタニティーブルーは、自然に治っていくものであり、病気ではありません。

なので、症状が出ていても、様子をみても良いものですが、稀に産後うつ病に移行するケースもありますのでご注意を。

いつまで経っても、なかなか改善しないマタニティーブルーであれば、それは産後うつに移行している可能性があります。

なので、精神科・心療内科を受診した方が良いでしょう。

目安としては

マタニティーブルーは、出産後、10日~2週間ほどで自然と良くなります。

一方、産後うつ病は、出産後、数週間~数か月が経ってから生じることが多いと言われております。

症状も2週間以上続きます。

出産直後の軽度の抑うつ症状であれば、マタニティーブルーの可能性が高いため、少し様子を見てみても良いと思われます。

しかし、産後、数週間~数か月が経過してから、抑うつ症状が出現し、一向に改善しない場合は、病院を受診してみましょう。

出産後、女性ホルモンは乱れる

出産した事で、女性ホルモンのバランスは、急激に崩れます

そして「母親」という新たな道を歩んで行くことになります。

そのため、産後に、一時的に「精神状態が不安定」になることは、おかしいことではありません。

「これから母親になり、この子をしっかり育てないといけない!」という意識が芽生えてきますから、不安を感じるのは、当然のことです。

一般的にマタニティーブルーは、産後3~5日が症状のピークです。

それ以降は徐々に改善し、10日~2週間もすれば、症状はほぼ無くなります。

話を聴いてもらいましょう

出来るだけ、主人、親、仲の良い友人に、来てもらって話を聞いてもらいましょう

出来れば、出産を経験した事のある女性の方が、共感して貰いやすいですから、より安心出来るでしょう。

自分の不安定になっている気持ちを、誰かに伝えるだけでも、かなり楽になるはずです。

適度な運動もオススメ

出産前後は、入院していますから、運動不足になっています。適度に身体を動かすと、気分は前向きになります。

激しい運動をするのは避けた方がいいですが、散歩やストレッチなど、軽く身体を動かすのは、精神状態にとても有効です。

豊中市で お困りなら 当院にお任せを!