産後うつ&マタニティーブルーの違い

2015年12月1日

産後うつ&マタニティーブルーについて

マタニティーブルーと産後うつは、どちらも、出産後に生じる「抑うつ症状」です。

共通点が多いのですが、今回は、それぞれの違いについてご紹介します。

一番の違い

産後うつは、治療が必要な病気ですが、マタニティーブルーは、自然に治っていくものであり、病気ではありません。

なので、症状が出ていても、様子をみても良いものですが、稀に産後うつ病に移行するケースもありますのでご注意を。

いつまで経っても、なかなか改善しないマタニティーブルーであれば、それは産後うつに移行している可能性があります。

なので、精神科・心療内科を受診した方が良いでしょう。

目安としては

マタニティーブルーは、出産後、10日~2週間ほどで自然と良くなります。

一方、産後うつ病は、出産後、数週間~数か月が経ってから生じることが多いと言われております。

症状も2週間以上続きます。

出産直後の軽度の抑うつ症状であれば、マタニティーブルーの可能性が高いため、少し様子を見てみても良いと思われます。

しかし、産後、数週間~数か月が経過してから、抑うつ症状が出現し、一向に改善しない場合は、病院を受診してみましょう。

出産後、女性ホルモンは乱れる

出産した事で、女性ホルモンのバランスは、急激に崩れます

そして「母親」という新たな道を歩んで行くことになります。

そのため、産後に、一時的に「精神状態が不安定」になることは、おかしいことではありません。

「これから母親になり、この子をしっかり育てないといけない!」という意識が芽生えてきますから、不安を感じるのは、当然のことです。

一般的にマタニティーブルーは、産後3~5日が症状のピークです。

それ以降は徐々に改善し、10日~2週間もすれば、症状はほぼ無くなります。

話を聴いてもらいましょう

出来るだけ、主人、親、仲の良い友人に、来てもらって話を聞いてもらいましょう

出来れば、出産を経験した事のある女性の方が、共感して貰いやすいですから、より安心出来るでしょう。

自分の不安定になっている気持ちを、誰かに伝えるだけでも、かなり楽になるはずです。

適度な運動もオススメ

出産前後は、入院していますから、運動不足になっています。適度に身体を動かすと、気分は前向きになります。

激しい運動をするのは避けた方がいいですが、散歩やストレッチなど、軽く身体を動かすのは、精神状態にとても有効です。

豊中市で お困りなら 当院にお任せを!

執筆者:はり師きゅう師
ぽん鍼灸院 代表 成実勇樹

ぽん鍼灸院 代表 成実勇樹

約25年前より東洋医学の世界に入り、経路治療家のもとで現場研修を含め技術を学び、2008年に大阪府豊中市に「ぽん鍼灸院」を開業。 その場しのぎではなく、根本から治す事ができる。本当に苦しい時に治せる技術は東洋医学なんだ。と、その教えは、今の私の技術の基盤となっています。
長年経験していた自身の不妊治療をもとに「困っている人の為に役に立ちたい。」そういった気持ちで対応させていただいております。
「これからできることは何でもしたい!」という方は、ぜひご相談ください。

詳しくはこちら

もっと見る

関連記事

この記事に関連するページ

  • 関連ページはまだありません。

NEWS

TopNews 院内案内 | 不妊鍼灸専門 | 大阪府のぽん鍼灸院 2024年04月3日

ぽん鍼灸院の紹介動画を作成しました↑

ごゆっくりご覧ください。

TopNews 当院の公式LINEアカウント(不妊鍼灸)がございます。 2024年03月7日

↓↓お友だち追加はこちらから↓↓

http://line.me/ti/p/uLLLNvE47s

 

★メッセージに下記の内容をご記入の上、送信してください。

①お名前(フルネーム)  ②年齢  ③ご希望の日時(第一希望、第二希望)  ④お悩み・希望メニュー  ⑤繋がりやすいお電話番号

 

お役立ち情報・クーポン・空き状況なども随時配信しております。

来院前に「ぜひ聞いておきたい事」などありましたら、お気軽にご活用ください。できるだけ早急に返信させて頂きます。

TopNews お急ぎの場合(不妊鍼灸)には、24時間いつでもご連絡ください | 大阪府のぽん鍼灸院 2024年01月8日

移植当日アプローチをするため、出来る限り対応させて頂きたいと思います。

もしお急ぎの場合には、LINE、メール、お問合せ、24時間いつでもご連絡ください。

以下の方法でご予約をお願い致します。
①ネット予約(初回のみ)→こちらをクリック
②公式LINE →こちらをクリック
③お電話 →こちらをクリック

もっと見る→