あなたのご主人は大丈夫でしょうか?

2022年07月26日

妊活は女性だけではなく、パートナーの協力が不可欠です。また、不妊の原因は男性にあることも少なくありません。

男性不妊の9割は、造精機能障害といって、精子が上手く作られないことが原因です。

→男性不妊についてはこちら

どうしてうまく作られないのでしょう?

男性不妊になりやすい人の特徴から見てみましょう。

喫煙

喫煙は、精子形成や運動率に悪影響を与えます。喫煙者は非喫煙者と比べて精子の量が10~17%少ないという研究結果が出ており、精子の形態異常のリスクも高いと言われています。また、喫煙は勃起不全(ED)の原因になると考えられています。

さらには、形態異常や運動率の低い精子では、受精したとしても、先天性疾患や流産の危険性が懸念されます。

飲酒

過度な飲酒で、アセトアルデヒドという毒性の高い物質が精巣内に過剰に発生し、精子を作る力を減退させてしまいます。

食生活の乱れ

栄養の偏り、特にビタミン不足は、男性不妊に繋がります。

コレステロール不足

コレステロールは、男性ホルモンの原料となります。

ストレス、疲労

ストレスや疲労により、男性ホルモンのテストステロンの分泌が減少すると、精子の減少、運動量低下、性欲減退などを引き起こします。

肥満

脂肪よって、精巣が温められたり、太ることでホルモン値が変動します。

男性不妊の予防方法

  • 喫煙と飲酒はできるだけ控えるようにしましょう。
  • パンツやズボンで、睾丸を圧迫して血流が滞らないようにしましょう。長時間座ったままの作業や、自転車やバイクに長時間乗るのは控えましょう。
  • 精子は熱に弱いので、長時間下半身を温めないようにしましょう。熱いお風呂やサウナは程ほどにして、ノートPCを膝の上に乗せての作業も気を付けましょう。
  • ビタミンABCEは精子の生産に必要な要素です。また、亜鉛・マグネシウムも精子の製造にとても重要です。積極的に摂取しましょう。
  • 食品添加物を取り過ぎると、銅、カドミウム、鉛、水銀など、体に悪いものが溜まりやすくなりますので気を付けましょう。
  • 薬も精子生産に悪影響を及ぼす場合があります。抗がん剤、抗リウマチ薬、ホルモン剤、鎮痛剤、医療用麻薬、これらは大量に投与すると精子に影響が出ます。
  • 規則正しい生活をすることは、男性不妊の予防だけでなく、心身共に大きな影響を与えます。バランスの良い食事、十分な睡眠時間、適度な運動など、生活を整えることで、ホルモンバランスが整い、男性不妊の予防にも繋がります。
  • できるだけストレスを溜めず、適度に発散し、リラックスして過ごすよう心がけましょう。

とは言え、ストレスフリーの生活をするのは、なかなか難しいですよね。こんなに気をつけなきゃ!と思っていることもストレスになりかねません(涙)

せめて何気ない日常生活の中で少しずつ改善していけたらいいですね!

ご夫婦でストレッチをしながら、会話を弾ませてみるのも良いですよ♪

→男性不妊についてはこちら

もっと見る

関連記事

この記事に関連するページ

  • 関連ページはまだありません。

NEWS

TopNews 男性不妊のブログを更新しました! 2022年07月28日

男性不妊になりやすい人の特徴、男性不妊の予防方法などが書かれています。

男性不妊でお悩みの方、ご主人が心配な方は、ぜひ読んでみて下さい。

→ブログページはこちら

TopNews お急ぎの場合には、24時間いつでもご連絡ください。 2021年09月28日

移植当日アプローチをするため、出来る限り対応させて頂きたいと思います。

もしお急ぎの場合には、ライン、メール、お問合せ、24時間いつでもご連絡ください。

TopNews 当院の公式LINEアカウントがございます。 2022年03月23日

こちらから、お友だち追加をお願い致します↓↓

http://line.me/ti/p/uLLLNvE47s

メッセージに下記の内容をご記入の上、送信してください。

①お名前(フルネーム)

②年齢

③ご希望の日時(第一希望、第二希望)

④お悩み・希望メニュー

⑤繋がりやすいお電話番号

お役立ち情報、クーポン、空き状況なども、随時配信しております。

公式LINEで簡単ご予約♪ぜひご活用ください!

もっと見る→