宝塚市から生理不順&多嚢胞性卵巣症候群で来院 | 豊中市 池田市 箕面市の不妊鍼灸専門「ぽん鍼灸院」

HOME初めての方へ不妊治療について女性のための鍼灸美容鍼灸について時間料金案内皆様の声

» >>多嚢胞性卵巣のブログ記事


宝塚市 生理不順&多嚢胞性卵巣症候群 K.S様 35歳

学生のころより生理周期が遅く安定しない。高校のころバスケで無理をして運動をしていた。長い時には、3ヵ月来なかった。クリニックで検査をするも特に原因が分からず、ホルモン剤の処方。しかし、ホルモン剤を使うと副作用で頭痛や吐き気があり、なんとか治したくて来院。今回は根本的に治したいと、意欲的。20歳を過ぎて、別のクリニックでは多能胞性卵巣症候群も診断されている。生理は28日くらいで来るが、基礎体温で高温期が短く、排卵はしていないとの事。当院で施術開始し、15回目くらいから、薬を止めても、生理周期が安定してきた。施術6ヵ月後、エコー検査で、多能胞性卵巣症候群も良好とのことで安心された。この方は、結婚はされていないが、妊娠を希望されている方は、ぜひ早めの施術をおすすめしたい。遅くなると、妊娠時期もその分遅れていく事になりかねません。早期治療をお薦めしたい。

 

◆排卵日を予測してタイミングを取ろう

うまく妊娠するには、タイミングが非常に大切です。排卵に合わせた性交渉のタイミングが重要になってきます。妊娠するには、精子と卵子が出会うタイミングを合わせることが必要です。1周期の中で精子と卵子が出会う事ができるタイミングは限られています。精子が女性の体内で生きていられる時間は5日間程で、この間になんとしても受精しなければなりません。ところが、卵子は、卵巣から排卵された卵子が受精できるのは約24時間しかないといわれております。つまり、排卵から24時間以内に、精子と出会って受精しなければ、妊娠はできないということです。ですから、排卵の5日程前からスタンバイして、排卵日頃にも性交渉をすると、精子と卵子が出会う確率が高まり、妊娠する可能性も高まります。特に、①排卵日の2日前、②排卵日の前日、③排卵日当日の順に妊娠の可能性が高いと言われており、ぜひチャレンジして頂きたいと思います。

 

◎基礎体温を計るまずは、自分の体を知る事が大事ですから、グラフに付けていきましょう。朝、目が覚めたらすぐに計ります。グラフを数周期つけてみると自分の月経や排卵のパターンがつかみやすくなります。排卵があれば、基礎体温は月経から排卵までの低温相(低温期)、排卵後から生理までの高温相(高温期)の二相になります。
まずは自分の体の事を知り、ホルモンや排卵の状態を把握し、妊娠しやすい状態に調整していく事が大切です。(しかし、基礎体温は、おおまかな月経周期や排卵の有無などを把握する目安に過ぎません。)

 

 

◆排卵日を予測する

  • 基礎体温表
  • 排卵日検査薬
  • 頸管粘液の量と状態
  • 超音波検査やホルモン検査

 

 

・基礎体温表から予測
目安としては、最低体温日の前日~5日間がもっとも排卵が起こっている可能性が高いとされています。ですから、この辺りを目安に性交渉をすれば、妊娠する可能性が高まるということです。

・排卵日検査薬から予測
生理周期が安定していない方(仕事のストレスなどで、排卵時期がなかなか予測できない方)は、基礎体温を計りながら、検査薬で狙いを付けていく方法があります。検査薬は、排卵前に急上昇するホルモン「黄体形成ホルモン」(LH)を感知してくれます。排卵前、黄体形成ホルモン濃度が急上昇し、その黄体形成ホルモンは尿中に出てきますので、それを尿検査で調べると、排卵する日を予測する事ができます。ただし、100%の精度ではありません。

・頸管粘液の量と状態で予測
頸管粘液は、ホルモンによって分泌量が変化するので、その変化から予測します。月経後、数日後には湿り気が出てきて、少し粘液が分泌されます。排卵が近づくにつれ、精子を受け入れやすくするために粘液の分泌量が増加します。排卵が近づくと、透明で卵白のように弾力性がある頸管粘液が分泌されます。この時期に、親指と人差指で粘液を掴み、それを伸ばした時に、10センチ程度伸びるようであれば、排卵日が近づいている証拠です。

・超音波検査やホルモン検査で排卵日を予測
超音波検査やホルモン検査を診て、医師が排卵日を予測してくれます。医師が指定した時に、性交渉を行います。(タイミング法

※以上のような方法で、タイミングを計って性交渉を行う事で、妊娠する可能性を高めていきます。今の自分に合った方法を使って、ぜひ妊娠の可能性を高めていきましょう。生理不順で困っている方も、ホルモンバランスや、体の調子を整えながら、うまく活用していきましょう。宝塚市からも来院多数!

 

 

◆はりきゅう治療では・・・

一人一人体質に合わせて、骨盤まわりやお腹、手足などのツボにはりきゅう治療を行うことで、女性ホルモンの分泌や卵巣の機能を整え、排卵障害を改善していき妊娠しやすいカラダ作りのお手伝いをしていきます。また東洋医学からみる「ストレス」は身体をめぐっている「気」「血」を乱し、身体の不調を起こします。はりきゅう治療で心も身体も改善していきましょう。宝塚市で生理不順&多嚢胞性卵巣症候群なら 当院にお任せを!

 

 

>生理不順専門ページはこちら

 

>多嚢胞性卵巣症候群専門ページはこちら

 

 

■ぽん鍼灸院■
〒560-0032
大阪府豊中市蛍池東町1-7-1『蛍池駅 1分』
 【HP】http://ponshinkyuu.com
 【電話番号】06-7172-5639
 【受付時間】9:00-20:00(日曜休診)
 宝塚市からも好アクセス!!

▼詳しいアクセスページは
 →こちらをクリック


  不妊治療の費用の比較表  


 


多嚢胞性卵巣症候群とは?

最近では女性の20~30人に1人の割合で多嚢胞性卵巣症候群と言われています。卵巣の表面を覆っている膜が厚く、そのために排卵が行われにくくなっており、卵巣内に卵胞が多く作られる状態を言います。
超音波画像で見ると、卵巣の皮膜に沿って卵胞がネックレスのように繋がって見える「ネックレスサイン」という特徴的な所見が見られます。多嚢胞性卵巣の方すべてが、多嚢胞性卵巣症候群と診断される訳ではなく、以下の症状を判断基準とします。

 

●多嚢胞性卵巣症候群の判断基準

  1. 月経異常がある。(排卵が減少、或いは無排卵など)
  2. 血液中の男性ホルモン量が高くなる。
  3. エコーで多嚢胞性卵巣が見られる。
  4. 多嚢胞性卵巣が見られても、月経異常やホルモンの異常を伴わない場合は多嚢胞性卵巣症候群としては診断されません。

 

●多嚢胞性卵巣症候群の症状

多嚢胞性卵巣症候群の多くの方は、初経時より機能性子宮性出血などの月経不順が見られます。
他に、多嚢胞性卵巣症候群は明らかな症状を示す場合とそうでない場合があります。

 

症状としては以下のようなものがあげられます。

  1. 生理不順(排卵ができない無排卵、または、排卵が遅れる事により生理不順を引き起こす。)
  2. 不妊症(排卵ができない事で妊娠しづらい状態となり、不妊症の要因となる。)
  3. 肥満(内分泌バランスの乱れによって、インスリン抵抗物質が影響し肥満になる可能性がある。)
  4. 多毛・ニキビなど男性化の傾向がある(内分泌バランスの乱れで、男性ホルモンが増加し、多毛・ニキビ・声の低音等。)
  5. 黄体機能不全(排卵・ホルモンの分泌が不安定になり黄体機能不全を引き起こすことがある。)

 

◆鍼灸治療では

卵巣の機能低下により、卵胞を上手く育てられない方が多く来院されています。多嚢胞性卵巣症候群も最近の患者さんではよく聞く疾患名です。婦人科疾患は鍼灸の得意とする分野です。卵巣は、五臓六腑の中の「肝」に属します。「肝」は「血(けつ)」を臓すると言われ、女性の生理周期や生殖機能にとても重要です。「肝」が弱っている人や他の五臓(脾・肺・腎・心)とのバランスを崩している人には鍼や灸を用いて気血(きけつ)の調節をして体を整えていきます。さらに、多嚢胞性卵巣は、東洋医学でいう瘀血(おけつ)痰湿(たんしつ)によるものと考えます。

瘀血(おけつ)⇒血の流れが悪く滞った状態

痰湿(たんしつ)⇒水分の代謝が悪く滞った状態

 

とにかく卵胞期はできるだけ多く通うべきです。しっかりカラダを作って、授かりやすい体質を目指しましょう!豊中市で 多嚢胞性卵巣症候群でお悩みの方は、ぽん鍼灸院へご相談ください。

 

 

 

>多嚢胞性卵巣症候群 専門ページはこちら

■ぽん鍼灸院■
〒560-0032
大阪府豊中市蛍池東町1-7-1『蛍池駅 1分』
 【HP】http://ponshinkyuu.com
 【電話番号】06-7172-5639
 【受付時間】9:00-20:00(日曜休診)
 豊中市からも好アクセス!!

▼詳しいアクセスページは
 →こちらをクリック


  不妊治療の費用の比較表  


jikhip


所在地

〒560-0032
大阪府豊中市蛍池東町
1-7-1

 ▼詳しいアクセス
 →こちらをクリック

豊中市 池田市 箕面市からも 好アクセス!
蛍池駅から徒歩1分


不妊体質無料診断

定休日

日曜日

電話番号

06-7172-5639

院長

自画像 院長(成実勇樹)