生理不順の原因と解決法 | 豊中市 池田市 箕面市の不妊鍼灸専門「ぽん鍼灸院」

HOME 初めての方へ 不妊治療について 女性のための鍼灸 美容鍼灸について 時間料金案内 皆様の声

» >>生理不順のブログ記事


生理不順の原因と解決法

このような症状はありませんか?

生理の正常な周期よりも短い・長い
不正出血がある
出血量が多い、少ない
月経前症候群(PMS)がある など・・・

 

生理不順の原因

正常な生理周期は25日〜38日になります。生理不順とは、毎月の月経周期の間隔が一定せず、生理期間が長い、短いなど大きく乱れてしまうことをいいます。生理不順の原因としては、ストレス、ダイエット、激しいスポーツなど、脳の視床下部の機能が低下しておこるのが主な原因です。最近の若い子たちに多いのは、不規則な生活、過度なストレスなどで原因を作っていることが多いです。

 

生理不順の種類

生理周期が24日以内の月経を頻発月経といい、卵巣機能低下によって起こる黄体ホルモンの減少が原因の一つです。

生理周期が39日以上の月経を稀発月経といい、脳の視床下部がストレス、ダイエットなどの影響が原因になっている可能性があります。

過多月経とは月経血量が異常に多い状態をいい、ナプキンが1時間もたないなどの症状が出ます。月経日数が8日以上続く場合を過長月経といい、貧血になりやすくなります。逆に1〜3日程度で終わってしまうものを過短月経といいます。
過長月経は、子宮内膜症などの病気が原因で出血量が増えていることもあるので注意しておいてください。また過短月経は排卵が起きていない無排卵月経になっている可能性もあります。

3ヶ月以上生理が来ないのを続発性無月経といいます。続発性無月経は、ストレス、ダイエット、激しいスポーツなどが原因となって脳の視床下部の機能が低下して起こります。高プロラクチン血症、甲状腺機能以上などが原因の可能性もありますので、一度専門医に診てもらいましょう。

月経が来ても排卵していないのを無排卵性月経といいます。過度のストレスや無理なダイエット、激しいスポーツ、不規則な生活などの要因で卵胞の成熟が途中で止まって排卵が起きなくなります。多嚢胞性卵巣症候群のような卵巣の病気で無排卵になる可能性があります。
生理不順は、自律神経のバランスを整えることで改善されることも多いので、ぜひぽん鍼灸院にご相談ください。自律神経は体全体の体調を常にバランス良く保とうとする神経でもあります。内臓や内分泌ホルモンの調整もしてくれ、正常に働くことによってホルモン代謝も良くなり、体調をよくしてくれています。

過労や心身の疲労、不規則な食事、運動不足などで、ストレスがかかると簡単に自律神経はバランスを崩してしまいますので、リラックスすることが大切です。リラックスする時間をとることで自律神経の働きは、整ってきます。

当院には、ほとんどの方が子宮内膜症や子宮筋腫、生理痛、生理不順、不妊症といった婦人科疾患を抱えておられる方が通院されています。当院の治療では、自律神経を整え、リラックスし、体を温めることで絶大な効果を出しています。ご自身でもできる生活のアドバイスも行っており、運動、ストレッチ、食事などをバランスよく調整していただくことで、鍼灸とのダブル効果が見込まれていきます。力いっぱい全力でサポートさせて頂きます。

生理不順なら ぽん鍼灸院にお任せを!

 

 

■ぽん鍼灸院 不妊治療■
 大阪府豊中市  ぽん鍼灸院
 →HP http://ponshinkyuu.com
 →TEL 06-7172-5639
 →施術時間 9:00~20:00 日曜休
川西市からも好アクセス!!

HP患者様の声アクセス電話する

 

 



みなさん、自分の月経が、何日周期か、知っていますか?毎月あるはずなのに、意外と知らない方が多いのではないでしょうか?自分の月経が心配になることもあると思いますが、なかなか婦人科に行くのは面倒くさいし、人に聞くのも何だか…。という人も多いのではないでしょうか。しかし、月経には女性の体の異常が出てきますから、異常を早く見つけるためにも、自分の月経についてよく知っておくとよいでしょう。

月経周期は、成人女性の場合、通常25~35日くらいです。月経周期が毎月一定の人もいますが、ばらばらで安定していない人もいます。年齢、環境、ストレス、体調などで周期が不規則になることがありますので、多少のばらつきは問題ありません。ただ注意しなければいけないのは、周期が24日以内の頻発月経と、周期が36日以上の稀発(きはつ)月経で、これらは病的な月経不順とされています。どちらにしても、排卵がある場合(排卵性)とない場合(無排卵性)があり、どちらであるのか見極めることが大切です。

排卵があるかないかは、基礎体温表をつけて観察しましょう。正常な基礎体温のパターンでは、低温期と高温期の2層に分かれていて、月経から排卵までの約14日間は体温が低く、排卵後から次の月経までの約14日間は体温が高くなっています。
月経と月経の間にまったく高温期がない場合、排卵がないと考えられます。

このように、基礎体温をつけることで、排卵の有無や、体のリズムがわかり、月経の異常を早期に見つける手がかりとなります。

頻発月経も稀発月経も、無排卵性は思春期や成人の女性にも見られます。思春期には卵巣機能が未熟なために、排卵のない頻発月経を起こすことがあります。この場合成長に伴って排卵が順調に起こるようになり、特に治療の必要はありません。成人女性ではストレスなどによる卵巣機能の低下が原因となって起こることがあります。20~30代の女性の場合、無排卵が長く続けば不妊症になったり、体の不調の原因にもなるため、ホルモン剤や排卵誘発剤などによる治療が必要となります。
また、注意しなければならないのは、頻発月経だと思っていたら不正出血だったということが少なくありません。不正出血の原因には、子宮内膜症や子宮筋腫、子宮がんなど重大な病気もありますので、早めに婦人科を受診しましょう。

稀発月経は、ストレスや無理なダイエット、激しいスポーツなどが原因で起こることが多くあります。いつ来るのかわからないくらい不定期な場合、卵巣や下垂体の機能異常である可能性がありますから、早めに専門医を受診しましょう。

 


所在地

〒560-0032
大阪府豊中市蛍池東町
1-7-1

 ▼詳しいアクセス
 →こちらをクリック

豊中市 池田市 箕面市からも 好アクセス!
蛍池駅から徒歩1分


不妊体質無料診断

定休日

日曜日

電話番号

06-7172-5639

院長

自画像 院長(成実勇樹)