不妊症・不育症に、ビタミンD-豊中市 | 豊中市 池田市 箕面市の不妊鍼灸専門「ぽん鍼灸院」

HOME 初めての方へ 不妊治療について 女性のための鍼灸 美容鍼灸について 時間料金案内 皆様の声

» >>不育症のブログ記事


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

HP患者様の声アクセス電話する

 

不妊症・不育症には、ビタミンD

685487

皆さんは、ビタミンDが大切な栄養素だということをご存じでしょうか?妊娠、出産に欠かせられないのが栄養素です。体内のビタミンD濃度が正常な場合は、胚移植の着床率が高くなると言われています。着床率が高くなる理由は、ビタミンDが子宮内膜症や着床の環境に深く関係しているからです。骨を作るのにも大切な栄養素なのですが、細胞の活動に作用をすることがわかり、不妊症や不育症の方にとても大切な栄養素になってきました。足りない人は、AMHが低くなり、卵子の減少などがみられ、不妊治療をしている方には、とても大切な栄養素なのです。

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)や子宮筋腫の方も、ビタミンDが不足している割合が高いと言われています。ビタミンDは紫外線を浴びることによって作られます。紫外線は、有害なものという考えもありますが、妊活中の方には、必要な栄養素でもあります。日焼けばかり気にするのではなく、たまには、日光浴もおすすめです。サプリメントから摂取するのもお手軽かもしれませんが、食事からでしたら、かつお、アンコウの肝、さけ、さんま、にしん、うなぎ、いかなご・・・などから摂取することができます。しかし、食物からですと、相当量が必要になるのでご注意を。

体外受精などの着床には、ビタミンDの濃度が高い方が良いとされています。妊娠率が高いというデータがありますので、不妊症・不育症で悩まれている方は、意識されてみるといいと思います。

豊中市 箕面市  池田市 で不妊治療なら ぽん鍼灸院にお任せを!

 

■ぽん鍼灸院■
 大阪府豊中市 
 →HP http://ponshinkyuu.com
 →TEL 06-7172-5639
 →施術時間 9:00~20:00 日曜休
 池田市、箕面市からも好アクセス!!

HP患者様の声アクセス電話する



■■■■■■■■■■■■■■■■■■

HP患者様の声アクセス電話する

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

不育症と着床障害

783863

不妊治療において、受精卵が、子宮内膜で着床できないという症状のことを、医学用語では着床障害と呼んでいます。

排卵された卵子と、精子が受精して、卵管を通り、子宮に行き、子宮内膜に受精卵がくっつく(着床)ことで、妊娠していくのですが、この受精卵が子宮内膜にくっつくことができない状態、これが着床障害です。

 

2回以上、連続して流産・死産した状態「不育症」と言われています。

3回以上、顕微授精や体外受精で、胚(卵)を移植したのに妊娠しないか化学流産に終わった状態が「着床障害」と考えられています。

約2年間、避妊せずに性生活を行っているのに妊娠しない状態が「不妊症」と言われています。

 

~原因~

不育症や着床障害の原因の多くは、子宮環境が整っていないことです。本来であれば、子宮は排卵後に子宮内膜の厚みが増していき、着床に適した状態へ変化します。しかし、ホルモンバランスが乱れたり、子宮の病気のせいで着床しやすい状態を作れずに、着床できなかったり、化学流産になったりします。卵の異常(染色体異常)の場合もあります。

子宮内へのストレス、また心への心理的ストレスによって、不育症や着床障害の原因をひき起こしているていることも多いので、気をつけて下さい。着床障害と分かっても、絶対妊娠できないわけではありませんので、あきらめる必要はありません。まずは、しっかり原因を見つ出すことが大切です!

着床障害を招く病気には、様々あります。現代医療では解明されていない部分もありますが、また次回、代表的なものをご紹介します。

 

豊中市 箕面市  池田市 で 不育症や着床障害 なら ぽん鍼灸院にお任せを!

■ぽん鍼灸院■
 大阪府豊中市 
 →HP http://ponshinkyuu.com
 →TEL 06-7172-5639
 →施術時間 9:00~20:00 日曜休
 池田市、箕面市からも好アクセス!!
jikhip

 

 

 


所在地

〒560-0032
大阪府豊中市蛍池東町
1-7-1

 ▼詳しいアクセス
 →こちらをクリック

豊中市 池田市 箕面市からも 好アクセス!
蛍池駅から徒歩1分


不妊体質無料診断

定休日

日曜日

電話番号

06-7172-5639

院長

自画像 院長(成実勇樹)