川西市 低体温と不妊と鍼灸 | 豊中市 池田市 箕面市の不妊鍼灸専門「ぽん鍼灸院」

HOME 初めての方へ 不妊治療について 女性のための鍼灸 美容鍼灸について 時間料金案内 皆様の声

» ●不妊治療&鍼灸のブログ記事


川西市 低体温と不妊と鍼灸

「低体温とは何か?」

 

低体温とは、個人差はありますが、人間の理想の基礎体温である36~37度よりも低い状態のことを表します。
36度より低い人は低体温であると言っても良いでしょう。

低体温になると、知らない間に健康を害していることになります。冷え性と似ている症状となる低体温ですが、冷え性のように身体が冷えているという自覚症状を、あまり感じることが少ないのが現実です。

 

「低体温と不妊症の関係」

 

不妊症の原因は様々です。
子宮や卵管、卵巣機能などの働きが不十分の場合に起きてしまいます。
その不妊症の大きな元となっている原因には、ホルモン分泌と自律神経の働きが関係しています。
つまり、低体温が原因で起きている症状と同じということが言えるのです。
体温が低くなった状態が続くと、血液の流れが悪くなります。血液は大切な栄養素と酵素を運んでいます。血液の流れが悪くなると卵胞刺激ホルモン(エストロゲンを分泌したり、卵巣に刺激を与えて卵胞を成熟させる)が分泌しづらくなってしまいます。
そして排卵障害(卵巣機能低下、月経不順、多嚢胞性卵巣など)を引き起こしてしまいます。
排卵を促進するホルモンの伝達が上手く伝わらず、排卵が起こりにくくなってしまう場合もあるのです。
排卵が起きないか、排卵があっても卵子が育っていないことになったり、ちゃんと排卵できたとしても、子宮等が冷え切っていると、着床や胎児の成長がうまくいかないというリスクが出やすくなってしまいます。
妊娠できないか、できても流産する可能性が高くなるということです。

生殖機能がある下半身は特に冷えやすく、体温が下がると卵管までも収縮させてしまいます。
そして子宮内膜症や子宮筋腫、不妊症などの原因にも繋がっていくのです。

もし低体温症状態で、妊娠を望んでいるのなら、まずはその低体温の状態を、どうにか改善する必要があります。
そのためには生活習慣の見直しも勿論大切ですが、それだけでは体温上昇の効果が出るのには時間がかかってしまいます。

そこで低体温からくる不妊症に、お勧めなのが不妊鍼灸治療です。

 

川西市からも来院多数! ぽん鍼灸院

「低体温と不妊と鍼灸」

鍼灸治療では特に、自律神経の働きに関係するツボに対して、鍼やお灸で刺激を与え、自律神経を正しく調整する施術を行います。
また、鍼灸は人間の血液の流れを改善させることを基本とした医学ですので、低体温や冷え性を改善する治療としては、最も適した治療法といえます。

鍼灸治療を受けると、血行が良くなりお腹や骨盤周りの冷えが改善されたり、自律神経が整いホルモンバランスが改善されたり、 ホルモンバランスが整い子宮や卵巣の働きが改善されたり、 リラックス効果でストレスが解消されたりするといったような効果が期待できます。

体の冷えや自律神経、ホルモンバランスの改善は、妊娠しやすい体作りの基本です。
そして、低体温を改善することも、不妊治療の一環です。
精神的な影響でホルモンバランスは乱れやすいので、リラックスすることもとても大切です。ストレスを溜めないようにすることも必要です。
生活習慣が引き金になって不妊症になっている方は、鍼灸の治療で妊娠できる可能性が高まるかもしれません。
不妊治療はストレスも溜まりやすいので、上手に気分転換をしながら治療を続けていくようにしましょう。当院には、川西市からもたくさんの患者様が来院されています。

 

川西市からも来院多数! ぽん鍼灸院

 

 

■ぽん鍼灸院 不妊治療■
 大阪府豊中市  ぽん鍼灸院
 →HP http://ponshinkyuu.com
 →TEL 06-7172-5639
 →施術時間 9:00~20:00 日曜休
川西市からも好アクセス!!

HP患者様の声アクセス電話する

 

 



これまで不妊の原因は女性側の問題と見られて

おり、産婦人科での不妊治療ばかり注目されて

いました。

しかし、近年の研究によって女性側だけの問題
ではないことが解明されました。男性に原因が
あるケースは、実に半数近くにも上がりました。
「治療は女性が受けるもの」というイメージは、
誤解でしかありません。
実際に、妊娠は男性の精子と女性の卵子がひと
つになる事でスタートするのですから、男性側
に妊娠を遠ざけてしまう要因があったとしても、
なにも不思議ではありません。
女性、男性の両方で検査を行うことで、短期間
での治療が済むケースもあります。
男性不妊症の症状にも気をつける必要がありま
す。
1回の射精で放出される精子の数は、約1億個。
そのうち、卵子と結合できるのは、たったの「
1つ」です。
まず子宮の前で99%が死滅し、子宮内では数万
個以下となります。
さらに、卵子の周囲まで到達できるのは数万個
以下。
卵子にたどりついた精子はそれだけでパワーが
あり、優秀だったということになります。
この精子の“全体的なクオリティ”がとても大切
です。
全体のパフォーマンスがダウンしていれば、た
とえ「対数億」の戦いを勝ち抜いてきたとはい
え、妊娠が継続しにくくなってしまうのです。
10人に1人が精子に何らかの問題があります。
100人に1人が無精子と診断されています。
上記の数値を聞くと、すこし驚きませんか?
実際に検査ん受けた方で、自分がその1人に該
当するだろうとはどなたも予測していないはず
です。
多くの方は「自分は何もないだろう、妊活のた
めに検査しておこう」または「自己チェックの
ひとつ」と思って検査し、診断結果によっては
じめて自分の精子・精液に何らかのトラブルが
ある事が発見できています。
男性の妊活の第1歩として、ぜひ早めに精子・
精液検査に目を向けてみてください。
早めに検査を受けることでパートナーとの話し
合いの時間がもてますし、治療の選択もスムー
ズに運ぶことでしょう。
【精子のパワーに深く関係するテストステロン】
男性の持つ「精子の力」は、精子の濃度や運動
速度(運動率)、活発度などから測定できます。
精子のパワー不足になっている状態では、何
個あっても卵子にはたどり着きません。
現在、晩婚化が進んでいますが、精子に問題が
あると指摘されるのは、加齢(高齢)の方ばか
りではありません。
年齢に関係がなく、身体の老化現象というケー
スもありますし、仕事面での肉体的な疲れ、人
間関係や家庭において精神的ストレス、乱れた
食生活や不規則な生活習慣、睡眠不足、運動不
足、肥満、痩せ、タバコなども要因です。
これらの様々な事が関係して、男性の不妊に影
響を及ぼしています。
中でも「精子の力」にもっと重要なものが、テ
ストステロン=男性ホルモンと言われています。
テストステロンは、“ライディッヒ細胞”と
呼ばれる精巣の精細管の付近から分泌され、精
子の産生に関与しています。
一般的に、年齢とともに精子の力は衰え、精液
の量も減って濃度も薄くなりますが、この要因
としては、活性酸素の増加とテストステロン(
男性ホルモン)の減少によるものと考えられて
います。
言い換えれば、テストステロンの減少を改善す
れば、精子もどんどん力強くなっていくでしょ
う。
⚪バランスのとれた食事
⚪ストレス発散
⚪過度な運動
⚪十分な睡眠
⚪円滑な人間関係
⚪規則正しい生活
健康管理にこころがけましょう!
男性不妊の鍼灸治療にも十分に効果があります。
治療によってストレスの軽減、自律神経のバラ
ンスを整える、血流の改善する効果があります。
気血の流れを改善し、胃腸などの消化器官や生
殖器官(精巣)の動きを活発にします。
消化器官や生殖器官(精巣)の動きの改善が精
子にも良い影響を及ぼします。
当院でも、夫婦で治療を受けてる人が増えてき
ています。
夫婦での治療もすごく良いのでおすすめです。
何か不安な事やわからない事があれば、何でも
ご相談下さいませ。
妊娠に向けてお力になれたらと思っています!

 

■ぽん鍼灸院 不妊治療■
 大阪府豊中市  ぽん鍼灸院
 →HP http://ponshinkyuu.com
 →TEL 06-7172-5639
 →施術時間 9:00~20:00 日曜休
池田市、箕面市からも好アクセス!!

HP患者様の声アクセス電話する

 

 


所在地

〒560-0032
大阪府豊中市蛍池東町
1-7-1

 ▼詳しいアクセス
 →こちらをクリック

豊中市 池田市 箕面市からも 好アクセス!
蛍池駅から徒歩1分


不妊体質無料診断

定休日

日曜日

電話番号

06-7172-5639

院長

自画像 院長(成実勇樹)