小児アトピー 掻かない工夫 | 豊中市 池田市 箕面市の不妊鍼灸専門「ぽん鍼灸院」

HOME 初めての方へ 不妊治療について 女性のための鍼灸 美容鍼灸について 時間料金案内 皆様の声

» ●アトピー性皮膚炎のブログ記事


小児アトピー 掻かない工夫

子供は、特に夜中に掻いてしまっています。朝起きると、皮膚が傷だらけで、ボロボロ・・・そんなことも多いでしょう。アトピーのお子さんを持つご両親はよくわかるのではないでしょうか。毎晩、親も子も寝不足状態が続いてしまいます。肉体的だけでなく、精神的にも疲れてしまいます。今回は、子供に掻かせない工夫や、夜中に熟睡してもらうコツなどをご紹介します。

①夜子供が寝てしまったら、手にミトンをかぶせる。夜中は、無意識のうちに強く掻きむしっていることがあります。アトピー専用のミトンなどもありますから、ぜひ活用してみて下さい。

②爪をこまめに切りましょう。三日に一回くらいが目安で、爪を短く切っておくだけで、掻いてしまった所が傷つかずに済みますから、出血も避けることができます。爪を切ったところが鋭くなると逆効果なので、磨いておくといいでしょう。

そして、一度寝たものを途中で目が覚めないようにするコツです。

① 砂糖(上白糖)を控える

砂糖は、吸収が早く、血糖値が一気に上昇します。急激な血糖値の上昇によりインスリンを分泌させ、それが「かゆみ」を増化させることがあります。夜ごはんの後の甘いデザートやお菓子は控えましょう。上白糖をオリゴ糖やてんさい糖に変えてみることもおすすめです。

②布団は薄く、少し寒い程度にする

子供は元々大人よりも体温が高いものです。暑いと起きてしまう原因になる場合がありますので子供の布団は薄めで「ちょっと寒いかな」ぐらいでちょうど良いとされています。季節に合わせて調整してあげましょう。

③寝る前におしっこしておく

尿意があると目が覚めやすくなります。寝る前におしっこさせることで起きにくくなります。

 

豊中市 箕面市  池田市 で アトピー治療なら ぽん鍼灸院にお任せを!

 

 

■ぽん鍼灸院 不妊治療■
 大阪府豊中市  ぽん鍼灸院
 →HP http://ponshinkyuu.com
 →TEL 06-7172-5639
 →施術時間 9:00~20:00 日曜休
池田市、箕面市からも好アクセス!!

HP患者様の声アクセス電話する



①小食を心掛ける

お腹が減っていないのに、毎食、満腹になるまで食べていませんか?いつも食べ過ぎている状態ですと、体は消化のためにエネルギーを使い続けて、疲れ切ってしまいます。本来、皮膚の傷の治癒に使うエネルギーも使ってしまうことに。お腹が減った時に、腹八分目の食事がベストです。満腹になるまで食べなければいけない、という概念は捨てましょう。

②季節の野菜をたっぷり食べる

旬の野菜には、その季節に合った働きがあります。夏野菜は体を冷やし、冬野菜は温めてくれます。ですから、冬に夏野菜ばかり食べていては、体を冷やしてしまいます。旬の野菜を食べることは、美味しいだけでなく、体にも優しく、本来の形なのです。季節を意識して、野菜を多く摂りましょう。

③昔ながらの調味料を使う

できるだけ、化学調味料の少ない食事を心がけましょう。食事を変えることが難しいようでしたら、まず手始めに、調味料から変えてみてはいかがでしょうか?ご存知ないかもしれませんが、実は、醤油やみりん、味噌にも添加物が多く含まれています。毎日使うものだからこそ、化学的なものが入ってない調味料を選びたいです。昔ながらの作り方をしているものがオススメです。購入する際、成分表示を見て、確認してみてはいかがでしょうか。

 

このような事を心がけながら、自分のアトピー症状に合った食事を見つけてみましょう。食事を意識すると、案外身体が大きく変化することがあります。また、いままで気づかなかった事に気づくことも多いでしょう。「これを食べたらかゆくなる」「これを食べると胃が重くて眠たくなる」など・・気付くこともあるはずです。そうしたものは、少し避けるようにして、あなたなりの「アトピー改善食」を見つけてください。人それぞれ、食事法は異なります。

そして、なによりも食事を楽しむ気持ちを忘れないでくださいね!

豊中市 箕面市  池田市 で アトピー治療なら ぽん鍼灸院にお任せを!

 

 

■ぽん鍼灸院 不妊治療■
 大阪府豊中市  ぽん鍼灸院
 →HP http://ponshinkyuu.com
 →TEL 06-7172-5639
 →施術時間 9:00~20:00 日曜休
池田市、箕面市からも好アクセス!!

HP患者様の声アクセス電話する


所在地

〒560-0032
大阪府豊中市蛍池東町
1-7-1

 ▼詳しいアクセス
 →こちらをクリック

豊中市 池田市 箕面市からも 好アクセス!
蛍池駅から徒歩1分


不妊体質無料診断

定休日

日曜日

電話番号

06-7172-5639

院長

自画像 院長(成実勇樹)