小児(子供)アトピーには、鍼灸を | 豊中市 池田市 箕面市の不妊鍼灸専門「ぽん鍼灸院」

HOME初めての方へ不妊治療について女性のための鍼灸美容鍼灸について時間料金案内皆様の声

» ●アトピー性皮膚炎のブログ記事


◆小児(子供)アトピー

子供は特に夜中に掻いてしまっています朝起きると、皮膚が傷だらけで、ボロボロ・・・そんなことも多いでしょう。アトピーのお子さんを持つご両親はよくわかるのではないでしょうか。毎晩、親も子も寝不足状態が続いてしまいます。肉体的だけでなく、精神的にも疲れてしまいます。今回は、子供に掻かせない工夫や、夜中に熟睡してもらうコツなどをご紹介します。

 

 

●夜中に熟睡してもらうコツ

①夜子供が寝てしまったら、手にミトンをかぶせる。夜中は、無意識のうちに強く掻きむしっていることがあります。アトピー専用のミトンなども、ぜひ活用してみて下さい。

爪をこまめに切りましょう。三日に一回くらいが目安で、爪を短く切っておくだけで、掻いてしまった所が傷つかずに済みますから、出血も避けられます。爪を切ったところが鋭くなると逆効果なので、磨いておくといいでしょう。そして、一度寝たものを途中で目が覚めないようにするコツです。

砂糖(上白糖)を控える

砂糖は、吸収が早く、血糖値が一気に上昇します。急激な血糖値の上昇によりインスリンを分泌させ、それが「かゆみ」を増化させる事があります。夜ごはんの後の甘いデザートやお菓子は控えましょう。上白糖をオリゴ糖やてんさい糖に変えてみることもおすすめです。

布団は薄く、少し寒い程度にする

子供は元々大人よりも体温が高いものです。暑いと起きてしまう原因になる場合がありますので子供の布団は薄めで「ちょっと寒いかな」ぐらいでちょうど良いとされています。季節に合わせて調整してあげましょう。

寝る前におしっこしておく

尿意があると目が覚めやすくなります。寝る前におしっこさせることで起きにくくなります。

 

 

 

●アトピー性皮膚炎にお困りの方へ

鍼灸院には、アトピー性皮膚炎で来られる患者さんもたくさんおられます。特に子供(小児)に多く、皮膚の一部から全身に及ぶ強いかゆみがあります。子どもの場合、皮膚が柔らかいために、掻くとすぐに、傷になってしまいます・・・。

 

 

●アトピー性皮膚炎の主な原因

  1. 空気、水、食物の汚染。
  2. 七情(ストレス)の過不足
  3. 様々な内熱(体の中に熱がこもる)
  4. 飲食の不摂生など・・・

 

 

◆東洋医学(はりきゅう)

子供(小児)は、皮膚に刺さずに、皮膚に触れるだけの治療をします。鍼灸治療によって、体の熱や余計な水分を取り除く必要があります。お困りの方は、ご相談ください。アトピー性皮膚炎は、ストレスとの関係が切っても切り離せません。一時、マシになっていても、精神的ストレスがかかると一気に悪化するケースがあります。気持ちがリラックスしているときには、それほどひどくない場合でも、仕事が忙しくて、緊張することが続くとひどくなったりします。東洋医学では、気の滞りや血の滞りを治療によって、流すようにします。また、冷えのぼせの改善も大切です。豊中市 箕面市  池田市 でアトピー治療なら ぽん鍼灸院にお任せを!

 

 

 

>アトピー専門ページはこちら

 

 

 

■ぽん鍼灸院■
〒560-0032
大阪府豊中市蛍池東町1-7-1『蛍池駅 1分』
 【HP】http://ponshinkyuu.com
 【電話番号】06-7172-5639
 【受付時間】9:00-20:00(日曜休診)
 池田市、豊中市からも好アクセス!!

▼詳しいアクセスページは
 →こちらをクリック

       

 



 

アトピー発症をきっかけに食生活の見直しをする方が非常に多くおられます。なぜなら人間の体は全て、自分の口にしたもので出来ているからです。
今までどんな食事をしていましたか?どんな食べ物が好きですか?

動物性タンパクは、きわめて消化に悪く腸内環境を著しく悪化させることから、アトピーの大きな原因とされています。(腸には、「免疫システム」の60%以上が集中している。腸内環境が悪化すれば、免疫の正常な動きが損なわれてしまいます。)
「動物性食品の食べすぎ」によって、次のような流れができてしまうのです。

 

  1. 消化困難な「動物性タンパク質」が大量に腸に送り込まれると、タンパクが分解されずに腸壁から入り込み、アレルギー反応を起こす。
  2. 腸内に、有毒ガス・活性酸素が発生し、腸壁を傷つける。そして、常に未分解タンパクの腸壁通過が起るようになる。
  3. 腸内細菌バランスが悪化し、悪玉菌が増える。その結果、IgE抗体が増大するなど、免疫の過剰反応が起るようになる。
  4. 1~3の過程で、命の源である「酵素」(こうそ)が大量に消耗し、消炎力、解毒力
    などが低下し、アトピーとなる 。

 

人間誰しも、好きな物や食べたいものを我慢するほど辛いことはありません。 しかし、アトピーを克服する上で食生活の改善は、非常に大切です。 人間の身体のすべての細胞は、 食べたものを原料に作られているといっても過言ではないでしょう。なので、どうしてもここを避けて通ることは出来ません アトピーの人が絶対に避けた方が良いものとして、肉・乳製品・甘いもの(砂糖)・卵・油もの・酒・タバコ・コーヒー・マーガリン・精製塩・農薬・添加物・水道水などです。

 

川西市 で アトピー治療なら ぽん鍼灸院にお任せを!

 

■ぽん鍼灸院■
〒560-0032
大阪府豊中市蛍池東町1-7-1『蛍池駅 1分』
 【HP】http://ponshinkyuu.com
 【電話番号】06-7172-5639
 【受付時間】9:00-20:00(日曜休診)
 川西市からも好アクセス!!

▼詳しいアクセスページは
 →こちらをクリック

       

 

所在地

〒560-0032
大阪府豊中市蛍池東町
1-7-1

 ▼詳しいアクセス
 →こちらをクリック

豊中市 池田市 箕面市からも 好アクセス!
蛍池駅から徒歩1分


不妊体質無料診断

定休日

日曜日

電話番号

06-7172-5639

院長

自画像 院長(成実勇樹)