胃腸にやさしい食べ物と睡眠 | 豊中市 池田市 箕面市の不妊鍼灸専門「ぽん鍼灸院」

HOME 初めての方へ 不妊治療について 女性のための鍼灸 美容鍼灸について 時間料金案内 皆様の声

» ●その他の疾患のブログ記事


急に暑くなってきました。
夏はすぐそこです!
気温が上がり、冷たい物を取る事が増え、
最近、胃の調子が良くなかったり、
もたれたり、胃の疲れを感じている人が
多いなとおもいました。
そこで、胃の調子を整える食べ物、
飲み物を紹介致します。

胃腸の悪い時は、なるべく負担のかからない
食べ物を摂って、胃腸をいたわってあげる
事が大切です。
固くないもの、食物繊維が少ないもの
消化に良いものです。

【胃腸にやさしい食べ物】
おかゆ、雑炊、煮込みうどんなど、
食材をやわらかく調理した食べ物です。
他、野菜スープ、茶わん蒸し、湯豆腐、
煮びたし、ポトフ、プリン、ゼリーなど

肉類→むね肉、ささ身、ひれ肉
魚類→白身魚、はんぺん
野菜→じゃがいも、さといも、長芋、大根
キャベツ、ほうれん草、白菜など
果物→バナナ、りんご、もも、メロン
飲み物→牛乳、ヨーグルト、ほうじ茶
番茶、麦茶、白湯

胃腸の調子が悪い時は、少量の食事を
5〜6回分に分けて食べるようにしましょう。
そして、ゆっくりとよく噛んで食べると
胃腸の負担が少なくなりますよ。
濃い味付けや、刺激の強い食材、脂っこい
食べ物は胃腸の負担がかかるので、
食べたくても、しばらく我慢です!!

ラーメン、チャーハン、カレー、ハンバーグ、
揚げ物、チョコレート、ケーキ、コーヒー、
アルコールなど

胃腸の回復には食事に気をつけるだけでは
なく、適度な運動や十分な休息も必要ですよ。

胃腸を温めると、体内の消化力が高まります。
全身に熱が巡るようになり、体内の老廃物が
排出されやすくなります。
便秘やむくみ、肌のトラブル、不眠も改善される
ので、おすすめです!

【睡眠の役割】
疲労回復、成長、体細胞の再生・修復、
免疫力アップ、ストレス解消、老化防止の効果があります。
夜22時〜2時の時間帯には、成長ホルモンが
活発に分泌されて、新陳代謝が高まります。
睡眠中は、交感神経の緊張がなくなり、
副交感神経の動きが活発になり、リラックス
した状態になります。
ストレスホルモンを分解されるのです。

【質の良い睡眠をとる方法】
寝る前は、できるだなけテレビ、PC、携帯
を見ないようにしましょう。
お風呂は寝る1時間以上前に入りましょう。
安眠効果のある食べ物
(ホットミルク、カモミールティー、バナナ)
食事は、2時間前までに。
カフェインは寝る4時間前までにしましょう。
部屋に朝日が入るようにしましょう。
(朝日を浴びると体がリセットされます。
また、睡眠に重要なホルモンである、メラトニンは、
光を浴びて14時間後に分泌されます。)
規則正しく、3度の食事をしましょう。
(朝ごはんは、体内時計を起こしてくれます。
夜食は体内時計のリズムを乱してしまいます。)

メラトニンの効果には、睡眠サイクルを調整
しています。
メラトニンの分泌量が多くなると、眠たく
なります。
そして、老化の原因といわれる活性酸素を
消してくれます。

メラトニンが作られる食べ物には、
トリプトファンを多く含む食品、
赤身の魚(サンマ、マグロなど)や肉、
大豆製品、乳製品、くるみ、ごま、ふ、
落花生などがおすすめです!

夏には楽しいイベントが満載です。
質の良い睡眠を心がけ、体の中から元気になり、 暑い夏をのりこえましょう!
そして、楽しみましょう!

 

 

 

■ぽん鍼灸院 不妊治療■
 大阪府豊中市  ぽん鍼灸院
 →HP http://ponshinkyuu.com
 →TEL 06-7172-5639
 →施術時間 9:00~20:00 日曜休
池田市、箕面市からも好アクセス!!

HP患者様の声アクセス電話する



風邪にも鍼灸がおすすめ

日常の臨床で、冬の季節や、季節の変わり目に多くなるのが、風邪の症状です。風邪を引いたらまずお薬と考えられる方も多いかもしれませんが、実は鍼灸治療が風邪にはよく効きます。

「風邪がなかなか治らない」「風邪は治ってきたのに、なんだか調子が悪い」「疲れがとれない」「肩こりや首のこりがひどい」など風邪に伴って出てきている症状がなかなかすっきり治らないことがあります。これらは、自分の持つ自然治癒力が低下している結果として出てきているものです。これらを鍼灸により治療すると、体がすっきり元気になってきます。

風邪がすっきりしない理由の一つに「冷え」があります。お腹が冷たい人は、「腸」が冷えている可能性が大きいです。腸が冷えると、免疫力の低下を引き起こします。腸管は、リンパ球が7割集まる場所で、ここが冷えると免疫が低下し、風邪や感染症にかかりやすく、治りにくくなってしまうという特徴があります。

身体を温める

身体を温めるには、食べ過ぎにご注意ください。人間の体の熱の半分近くは、運動などで筋肉が動かされることで生み出されます。食べ過ぎると、消化のために胃腸に血液が集まり、熱を生み出す筋肉に十分な血液が行き届かず身体が冷えてしまいます。また食べ過ぎによって、血液中に糖などや乳酸や尿素などの老廃物が増え、血液の流れが悪くなると、身体を冷やす一因になります。

そして、鍼灸で腸の調子を整えて、免疫力を高めることで、長引く風邪も冷えも改善されます。身体が冷えて血の循環が悪くなると、代謝や老廃物の排出もうまくいかず、疲労物質の代謝がスムーズにいきません。その結果、筋肉も冷たく硬くなり、肩こりや首こりも悪化してしてしまいます。また、栄養も運べず、エネルギー不足になり疲れがいつまでもとれなく、体調不良や風邪症状も長引かせてしまいます。
鍼灸治療は、このような症状の方に大変適しています。
まずは、お気軽にご相談ください。

豊中市 箕面市  池田市 で 風邪治療なら ぽん鍼灸院にお任せを!

 

■ぽん鍼灸院 不妊治療■
 大阪府豊中市  ぽん鍼灸院
 →HP http://ponshinkyuu.com
 →TEL 06-7172-5639
 →施術時間 9:00~20:00 日曜休
池田市、箕面市からも好アクセス!!

HP患者様の声アクセス電話する


所在地

〒560-0032
大阪府豊中市蛍池東町
1-7-1

 ▼詳しいアクセス
 →こちらをクリック

豊中市 池田市 箕面市からも 好アクセス!
蛍池駅から徒歩1分


不妊体質無料診断

定休日

日曜日

電話番号

06-7172-5639

院長

自画像 院長(成実勇樹)