更年期障害

●更年期は、いつから?

更年期は、閉経の前後5年の、およそ10年間とされます。

日本人の平均閉経年齢は約50歳です。しかし、個人差あり、早い人は40歳前半、遅い人は50歳後半に閉経します。

この期間に現れる様々な症状を「更年期症状」と呼び、その中でも日常生活に支障を来す病態を「更年期障害」と呼びます。

つわり

●放っておくと

若くても、生理不順になったり、更年期のような症状がみられる場合には、放っておくとそのまま閉経する場合もあるので気をつけましょう。

30代後半~43才未満で閉経するケースを「早発閉経」といいます。早くから更年期障害がみられたり、骨がもろくなりやすい…などが出てきます。

東洋医学で、診断してもらったり、ホルモン剤で女性ホルモンを補ったり、などの治療を受けることをおすすめします。

●このような症状はありませんか?

  •  疲れやすい
  •  顔がほてる
  •  汗をよくかく
  • 手足が冷えやすい
  • 動悸、息切れがしやすい
  • 睡眠りが浅い
  •  怒りやすく、すぐイライラする、情緒不安定、抑うつ
  • 憂鬱になることがある
  •  頭痛、めまい、吐き気がよくある
  •  肩こり、腰痛がある

更年期障害かどうかの判断基準として、セルフチェックしてみましょう。

生理不順

●更年期症状と原因

大きく分けて3つあります。

  1.  女性ホルモン(エストロゲン)の減少:エストロゲンが減少すると自律神経のバランスが崩れ、全身の更年期障害の症状につながります。
  2. 生活環境などのストレス:トレスによって自律神経が正常に働かなくなり、更年期障害の症状が出てきます。
  3. 生まれもった気質、性格:性格が真面目、神経質な方はストレスから症状が悪化するケースもあります。

これらが複合的に関係しているので明確に特定するのは難しい場合が多いのです。

しかし、実際には女性ホルモンの量が減る事で起こるのは「月経不順、停止」「ホットフラッシュ」「膣の乾燥、萎縮」で、イライラや抑うつなどの精神的変化は女性ホルモンの量とは言いきれないのです。

「ホットフラッシュ」とは、のぼせや急な発汗、その後に寒気がする一連の症状です。

●どんな治療法がありますか?

ひどい更年期症状が出るときは、少なくなった女性ホルモンを補う「ホルモン補充療法」というのがあります。月経があったころのホルモン状態に近づける治療法です。

注意するのは「ホルモン補充療法」には、不正出血、お腹や乳房の張り、吐き気、血栓ができやすかったり、長期投与で乳がんのリスクが若干増加するも場合もあるので、定期的検査を受け担当医師と相談の上決めることが重要です。

この方法で、「ホットフラッシュ」「膣の乾燥、萎縮」にはかなり改善がみられます。しかし、女性ホルモン投与により、精神的症状が改善されるのは約3割程度なのだそうです。


●前向きになれば、感じにくい

楽々と過ごす人もいれば、つらい時期になる人もいます。

更年期障害に対して悪いイメージを強く持ってしまっていると、体に影響が出やすくなってしまいます。

「嫌だ」「つらい」「恐い」と考えていると、悪い結果を引き寄せてしまう事がありますよね?

更年期は、老化というイメージが強いため、誰もが認めたくない気持ちになりやすいです。しかし誰もがいずれは通る道なのです。

ストレスや性格など精神的な面に左右されるケースが多く、真面目で神経質なタイプより、おおらかで明るいタイプの方が感じにくいという事がわかっています。

前向きに捉える事がうまく乗り越えるコツです。つらい症状はガマンせず、気軽に当院へ相談してください。


 ●日常生活

生活習慣の改善を行うことも、うまく乗り超える良い方法です。規則正しい生活や栄養バランスのとれた食事を摂るのも◎しかしあくまでストレスのないリズムで生活を送るように心がけましょう。

症状を軽減するうえで最も大切なのは、ストレスを最小限に抑えて生活を送ることです。 更年期障害はイライラや不安、憂鬱などにより自律神経が乱れると起こりやすくなります。

副交感神経を優位にすると心身の緊張がほぐれ、リラックスした状態になれます。

自律神経のバランスを整えるために、楽しい事やスポーツ、カラオケなどの趣味をつくったり、ストレスを適度に発散したり、元気にハツラツと毎日を過ごすことが、改善につながります。

 

更年期障害とはりきゅう

多種多様な病状に薬で対処していくと、キリがありません。

長期的に女性ホルモンの投与でガンやその他のリスクが上がることを望ましくないでしょう。

婦人病の一つである更年期は、最近のものではなく東洋医学では何千年も前から治療されています。

特に、人によって様々な症状や原因がはっきりしない病に対して、東洋医学は力を発揮します。

東洋医学における施術は、全身の「気」と「血」の流れを調整し、五臓のバランスを整えていきます。施術を行うことで病気の原因そのものを治していきます。

漢方鍼灸

 

 

 


●「腎」と「肝」の働きを調整する

更年期の大きな要素としては五臓六腑のうちの「腎」と「肝」の働きの低下を大きな要因と考えます。 ※西洋医学の腎臓、肝臓とは別物と考える。

「腎」には体を温める作用と身体の上部に昇った熱を下にさげる働きがあります。更年期障害のほてりなどは腎の冷却作用の不調と考えます。

他にもイライラする、頬が赤くなる、冷えのぼせ、腰痛、寝汗などの症状も起こります。

「肝」は気血の流れをよくする働きがあります。弱ると気の流れが悪くなり、滞ると血液の循環も悪くなり、肩こりや腰痛などの痛み症状がでます。

肝の作用は精神活動でも重要なので、イライラ、怒りっぽい、憂鬱、不安、不眠も出てきます。

更年期と言ってもその人によって、証が違うので一人一人の体質に合わせた治療とツボ選びが重要なのです。

また、はりきゅう施術は気血の流れが整うことで、自律神経系の調整や精神安定作用にも抜群の効果がみられます。

当院では、脈や腹診によってその人に合った方法で優しく施術していきます。

薬でも効果がない方、つらくても我慢してる方は一度、鍼灸治療を受けられてみてはいかがでしょうか。

●症例

豊中市 更年期障害 53歳 主婦

3年ほど前からのぼせがひどく、頭痛、めまい、ホットフラッシュ、イライラ、動悸がある。知人の紹介で来院。

治療:腎虚証として治療する。

父の介護で、ストレスがあり、肩こり、不安感がある。冷えのぼせを改善するように、下焦を安定させるように施術。

施術開始5ヵ月で、冷えのぼせが軽減した。頭痛、めまい、イライラ、動悸なども、薬を服用することもなく、鍼灸治療のみで現在毎日元気に動けるようになった。

介護での心労などでいつも将来の事が不安で、何度も弱気になった。体調が整ってくるにしたがって、不安が軽減され、毎日元気に生活出来るようになった。

→女性のための鍼灸へ戻る
養生法

豊中・箕面・江坂・服部天神、不妊鍼灸専門。不妊治療でお悩みの方はぽん鍼灸院。

インターネット限定割引
Access|服部天神から徒歩3分!!ぽん鍼灸院
国家資格 保持者による安心施術